「国内地域」のパワースポットと御神体のページです。

Menu

御神体とは

御神体という言葉はほとんどの人が聞いたことのある言葉だと思います。神社に行けば必ず言っていいほど、その存在を確認することになるでしょう。目には見えない神様が宿りつくもののことを指し、非常に重要な存在となっています。一般人がその姿を見ることはできないとなっていますが、多くの御神体は鏡などの昔から神と関わりがあったといわれるものとなっているそうです。また鏡などの道具を利用する前は自然の山や岩を御神体としていることも少なくなく、結果的にそれが今のパワースポットと大きく関係してきています。それゆえにパワースポットと呼ばれる場所には大きな岩が置いてあったり、その代わりになるような巨大な建造物があったりします。御神体とパワースポットは非常に密接な関係をもっています。海、川、山、森などの場の雰囲気が変わるのが明らかにわかる場所は神域とされ神様が宿るパワースポットと呼ばれています。現世と常世の境目で神の国の入り口と呼ばれる場所もパワースポットと呼ばれています。それゆえに神社や自然が多くある場所にパワースポットが多くあるということになります。昔からの人々の考えや、思想が現代でもパワースポットという形で受け継がれてきています。名前や呼ばれ方は時代と共に変化してきていますが、精神的な部分は変わってきていないのかもしれません。