「国内地域」の参拝の心得のページです。

Menu

参拝の基本

パワースポットは多くの場合が神社であったりするので参拝が必要になります。しかし多くの人が感じていると思いますが、参拝の作法というのはなかなか覚えられないようなときが多く、行うたびにこれでよかったのかと感じてしまうものです。人によって違う場合もありますが、多くの場合一定の決まりがあります。また神社は宗教施設となっているため手水をして身を清める、防止を取って神前に立つなどの最低限のマナーは必要不可欠になります。作法の中には鳥居のくぐり方も含まれています。意外と知らずに、またあまり意識せずに通ってしまう人も多いですが、余裕がある場合には意識してみましょう。まず鳥居に入る前に軽く一礼をします。これでも十分な礼拝の意味をもつということです。鳥居をくぐり参道を歩くときはできる限り真ん中を歩いてはいけないといわれています。しかし神社によってこの決まりは変わってきており、今ではほとんど意識されていない神社も増えてきています。拝礼の作法ですが、人によって微妙に順番が違うときもあります。多少の違いは良いと思われますが、あまりに違うと少し不自然となってしまうので、流れは覚えておいたほうがよいでしょう。基本的な流れとしては二拝二拍手1拝となります。拝の場合はしっかりと腰を曲げて行うのが本来のやり方です。また細かなところまで言うと、拍手をするときは右手の指を下に少しづらすと良い音がなるということです。あまり厳密にやる必要はないですが、一連の流れを覚えておくことは大切になってくるでしょう。